Fortnite

【各シーズン一度だけ】FNCSの大会ルールを簡単にわかりやすく解説


Fortnite(フォートナイト)の最大規模の大会FNCS(Fortnite Champion Series)は注目度が非常に高いですが、ルールを正確に把握できていないという人も少なくないと思います。

公式のホームページに載っている大会規定は文章量が多く、個人的にかなり読みづらいと感じたので、この記事で簡潔にわかりやすく解説してみます。

FNCSの大会概要

Fortniteは公式運営の大会がかなり多いですが、FNCSはそれらの中でも特別な位置づけです。

ここでは、FNCSの概要を簡単に紹介します。

開催は各シーズン一度だけ

記事タイトルにもあるように、FNCSは各シーズンに一度だけ開催されます。

これまでのFortniteは大体2~4カ月のスパンでシーズンが変わるため、FNCSが開催される頻度もこれと同様です。

このことから1シーズンで三度も開催されたことがあるキャッシュカップと比べてFNCSは特別な大会であることがわかると思います。

長期間かつ高レベル

通常、Fortniteの大会は一日だけで終わるケースが多いですが、FNCSの大会期間は約一ヶ月とかなり長く設定されています。

これは、FNCSが複数のステージで構成される大会であるからです。各ステージの進行に時間が掛かるため、非常に長い期間を要します。

また、各ステージの成績上位のプレイヤーのみ次のステージに進出できる仕組みになっているため、大会後半になるほどレベルの高い試合となる傾向があります。

賞金は○○万ドル!!!

FNCSの注目度が高い理由は大会の希少性やレベルの高さだけではありません。高額な大会賞金も注目される理由の一つです。

トリオ(3人1チーム)形式で開催されたチャプター2シーズン5のFNCSでは、アジアサーバーで一位のチームに36,000ドル(約4,000,000円)が贈呈されました。

最も競技人口の多いヨーロッパサーバーでは一位のチームに300,000ドル(約32,000,000円)もの金額が贈られたというから驚きです。

以下に同大会における各地域の賞金額一覧を記載しておくので、興味があればご覧下さい。

順位 ヨーロッパ
賞金($)
北米東部
賞金($)
北米西部
賞金($)
ブラジル
賞金($)
アジア
賞金($)
中東
賞金($)
オセアニア
賞金($)
1位 300,000 150,000 75,000 75,000 36,000 30,000 22,500
2位 210,000 105,000 48,000 48,000 24,000 19,500 15,000
3位 135,000 69,000 30,000 30,000 15,000 12,000 9,000
4位 120,000 60,000 24,000 24,000 12,000 9,000 6,300
5位 105,000 54,000 21,000 21,000 10,500 7,500 5,400
6位 90,000 45,000 18,000 18,000 9,000 6,600 4,500
7位 75,000 39,000 15,000 15,000 7,500 5,400 3,900
8位 60,000 30,000 12,000 12,000 6,000 4,800 3,300
9位 45,000 24,000 9,000 9,000 4,500 4,200 2,700
10位 30,000 15,000 6,000 6,000 3,000 2,400 1,800
11~15位 15,000 9,000 3,000 3,000 1,500 1,350 900
16~20位 9,000 5,400 2,400 2,400 1,200 900 750
21~26位 6,000 3,000 1,500 1,500 900 900 600
27~33位 3,000 1,800 900 900 600 600 600
合計 1,350,000 690,000 300,000 300,000 150,000 120,000 90,000

FNCSの大会進行

FNCSは予選、準決勝、敗者復活戦、決勝の合計4つのステージから大会が構成されています。

各ステージの進行順(チャプター2 シーズン5)は以下の図の通りです。そのステージにおける成績上位のプレイやーのみが次のステージに進むことが出来ます。

ここでは、各ステージの概要、成績評価の仕組み、次ステージ進出のボーダーラインなどを説明します。

予選

プレイヤーはまず最初に予選へ参加します。予選は1~4のラウンドで構成され、各ラウンドの成績上位のプレイヤーのみが次のラウンドに進みます。

各ラウンドにおける次ラウンド進出のボーダーラインはそれぞれ以下の通りです。

  • ラウンド1:全10試合、上位700チームがラウンド2へ
  • ラウンド2:全10試合、上位150チームがラウンド3へ
  • ラウンド3:全10試合、上位33チームがラウンド4へ
  • ラウンド4:全6試合、上位10チームが準決勝へ

各予選のラウンド4の成績上位10チームが準決勝に進出することができます。予選は全部で3回行われるため、ここで30チームが選抜されます。

ただ、準決勝進出の条件はこの30チームに入ることだけではありません。予選参加チームには各ラウンドにおける順位に応じて「シリーズポイント」が付与され、これを多く獲得したチームも同様に準決勝へ進出できます。

シリーズポイントのスコアシステムは以下の表を参照して下さい。

順位シリーズポイント順位シリーズポイント
1位50076~100位196
2位476101~125位178
3位452126~150位160
4位428151~175位144
5位408176~200位130
6位386201~250位110
7位368251~350位94
8位350351~700位70
9位332701~1000位52
10位3161001~1500位40
11~18位3001501~2000位30
19~26位2842001~3000位22
27~33位2703001~5000位16
34~50位2445001~10000位10
51~75位218以下0

なお、シリーズポイントによる準決勝進出のボーダーラインは上位102チーム(各予選の上位10チームを除く)です。以上をまとめると予選での各チームの扱いは以下のようになります。

  • 各予選の上位10チーム(計30チーム)→ 準決勝へ
  • シリーズポイントの上位102チーム → 準決勝へ
  • その他 → 敗退

準決勝

予選を勝ち抜いたチームは次に準決勝へ参加します。準決勝に参加する132チームは、33チームごとに「ヒート」と呼ばれる4つのグループに分けられ、それぞれで試合を行います。

各ヒートでは、それぞれ6試合が実施され、順位に応じてその後の参加ステージが決まります。各順位での参加ステージは以下の通りです。

  • 各ヒートの上位8チーム(計32チーム)→ 決勝へ
  • 各ヒートの9~16位のチーム(計32チーム)→ 敗者復活戦へ
  • その他 → 敗退

敗者復活戦

敗者復活戦には準決勝の各ヒートの9~16位のチーム(計32チーム)が参加します。

決勝に参加するチームは全部で33チーム、その内32チームは準決勝の段階で決勝進出を決めたチームであり、敗者復活戦から決勝へ進出できるのは1チームだけです。

敗者復活戦では、1試合だけが実施され、Victory Royaleを取ったチームが決勝へ進出することになります。

決勝

準決勝の各ヒート上位8チーム(計32チーム)と敗者復活戦でVictory Royaleを取った1チームを合わせた33チームで決勝は行われます。

決勝で行う試合数は、1日6試合×2の12試合です。ここで全日程が終了し、FNCSの最終的な順位が確定します。